巧い技を求めるのなら「abingdon boys school」をコピーするべし!!

2013/01/08

abinngudon

artphoto_member
西川貴教(にしかわ たかのり、1970年9月19日 – )ボーカル
柴崎浩(しばさき ひろし、1969年12月13日 – )ギター(元WANDS〜al.ni.coのギタリスト)
SUNAO(すなお、1969年4月28日 – )ギター
岸利至(きし としゆき、1969年10月17日 – )Juicy-Bananasシンセサイザー、プログラマー、リーダー

こんなの書かなくても有名だから分かるよねw
このバンドは僕がよく聞いている音楽の一つ。
色々凄いからとても勉強になりまする。
曲もそうだけど、演奏面などもズバ抜け過ぎて他のバンド聞いたら物足りなくなるくらいw
ちなみにドラムは長谷川浩二さん。

-下記はwikiより-
兄の影響を受け、小学4年生の頃よりドラムのプレイを始める。高校在学中にアン・ミュージック・スクールに入学し、石川晶に師事する。
1983年10月14日、THE ALFEE(当時ALFEE)のサポートドラマーオーディションに合格。同年12月17日のOVER DRIVEツアー渋谷公会堂公演より専属ツアーサポートメンバーとして参加する。 レコーディングの参加は1984年のアルバム「THE RENAISSANCE」収録の「鋼鉄の巨人」より。以降、ヘヴィメタル、プログレからフォーク、ブラシを使ったジャズプレイまで、THE ALFEEの幅広いサウンドに欠かせない存在としてほぼ全てのツアー、レコーディングに参加する一方、自身のプロジェクトや数多くのセッションに参加した。 2005年のStarting Overツアーファイナル大阪城ホール公演をもってTHE ALFEEでの活動を終了。吉田太郎にドラマーの座を譲った。その後はCube-rayを経て、T.M.Revolutionやabingdon boys school、筋肉少女帯等のサポートで精力的に活動を続けている。

2010年、高見沢俊彦のソロアルバム「Fantasia」のレコーディングに参加。離脱以来、初のALFEE関連のセッションとなった。
はせがわ
ねぇ。凄い人がサポートしているねー。なんだろーねー。羨ましいねー。お仕事舞い込んでこないもんかねー?w

ではabingdon boys school曲を。

abingdon boys school 『WE aRE (FX Free)』

abingdon boys school 『HOWLING』

カッコ良い~濡れる~w
男でも惚れちゃうよーw

コメントを残す

*

twitter @ultimodrumn
© ultimodrumn.com All Rights Reserved.

PR:一人暮らしの忙しい方の為に、簡単で節約できるレシピを紹介するサイト